栄華商事 株式会社

事業案内

栄華商事の事業案内

事業案内

栄華商事は、回収した廃プラスチックを再資源として使用できるように加工し、輸出を行なう専門会社です。日本で仕入れた廃プラスチック資源を中国および東南アジアへ輸出しております。

中国・東南アジアの経済成長に伴い、市場規模が益々拡大してきております。日本では毎年、多くの廃プラスチックが産出し、再利用されずに捨てられて、環境汚染の一因となっております。

弊社はそんな廃プラスチックを再利用できるようにすることで、環境汚染改善の担い手となっております。

廃プラスチックのリサイクル

廃プラスチックのリサイクル

廃プラスチックを輸出向けに分別・加工

廃プラスチックは弊社で、主にPP・PE・PS・ABS・PMMA・PA・PETに分別され、圧縮して成形品に加工されます。

加工された成形品はコンテナに格納され、輸出されます。

栄華商事が輸出した再資源化用の廃プラスチックは、輸出先の工場で2種類の資源に分けて加工されます。
1つは新たなプラスチック製品の元となる再生原材料(マテリアルリサイクル)として。
もう1つは再生燃料(サーマルリサイクル)としての利用です。

マテリアルリサイクル

マテリアルリサイクル

廃プラスチックの一部は材質ごとにフレーク化、またはペレット化され、プラスチック製品の原材料として再利用されます。

リサイクルによって製造されたフレークやペレットは、新たなプラスチック成形品の材料やプラスチック木材、プラスチックレンガなどの再生建設資材としても活躍しています。

サーマルリサイクル

サーマルリサイクル

近年、中国や東南アジアの生活水準が高くなるにつれ、生活ごみの可燃物の含有率も高くなり、焼却発電の需要が増加。
これにより、廃プラスチックを焼却発電の際の助燃材として使用するケースが高まっています。